bottom

HOME > 基本書・参考書 > 青本・改正本

青本・改正本

青本

工業所有権法(産業財産権法)逐条解説〔第19版〕
オススメ度 ★★★★★

青本のことです。
必須アイテムでしょう。特許庁のHPにPDFがあるので、電子データが好きな人は本を買わなくてもPDFを活用すればいいと思います。
第19版が最新でH23年改正も反映されています。
非常に分厚いので分冊して使っている受験生が多いです。分冊はキンコーズなどでやってもらえます。
枠

改正本

平成26年特許法等の一部改正 産業財産権法の解説
オススメ度 ★★★★★

平成26年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。ようやく発売になりました。今回の改正もなかなかの大改正となりましたので、これは是非とも読んでおくべきかと思います。
平成23年特許法等の一部改正 産業財産権法の解説
オススメ度 ★★★★

平成23年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。青本も平成23年改正に対応はしていますが、より詳細に説明されている本書を併せて読んでおくと理解も深まります。
このような改正本は特許法等が改正される度に発行されています。
安い本なので、余裕があれば平成14年の改正本くらいまで読んでおくとよいと思います。
産業財産権法の解説 平成20年
オススメ度 ★★★★

平成20年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。
平成20年改正は、主に仮通常実施権/仮専用実施権の創設、不服審判請求期間の拡大に関する改正です。
産業財産権法の解説―平成18年意匠法等の一部改正
オススメ度 ★★★★

平成18年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。
平成18年改正は、主にシフト補正、分割の時期的制限緩和(特許査定後等)、関連意匠制度の見直し等に関する改正です。
平成17年商標法の一部改正 産業財産権法の解説―地域ブランドの商標法における保護・地域団体商標の登録制度
オススメ度 ★★★

平成17年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。
平成17年改正は、地域団体商標制度の創設に関する改正です。
産業財産権法の解説―平成16年特許法等の一部改正
オススメ度 ★★

平成16年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。
平成16年改正は、主に実用新案登録に基づく特許出願制度(46条の2)の導入、実用新案の14条の2第1項訂正等に関する改正です。
産業財産権法の解説―平成15年特許法等の一部改正
オススメ度 ★★★★

平成15年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。
平成15年改正は、主に異議申立制度と無効審判制度の統合、キャッチボール現象の解消(訂正審判請求期間の制限等)に関する改正です。
今の弁理士試験に必ずしも必要ないかもしれませんが、昔の制度を知るのにはよい教材です。 口述で昔の制度のことを問われるかも知れませんし。
産業財産権法の解説―平成14年改正
オススメ度 ★★★

平成14年の改正本です。
改正の趣旨などが詳しく解説されています。
平成14年改正は、主に間接侵害規定の拡充(101条2号、5号(当時は4号)の追加)に関する改正です。
枠

pagetop